聖地を訪ねて

社名のレイラインの由来をよく尋ねられます。

何屋なのか検討がつかない名前です。会社設立当初、実はもっとお堅い名前でした。
すべてのものの名前にはちゃんと意味があり役割があるといいます。設立後には、米国テロ・鳥インフルエンザと大きな事件もありましたが、お陰様でなんとかこえさせていただき、2000年の節目にふと、21世紀に向けて、自社のもつ役割をはたすべく、本来もっている名前を捜そうと思いました。そして、とても不思議な流れからこの名前にたどり着きました。
レイラインとは、西洋版の風水とでもお伝えするとわかりやすでしょうか?
地球上にあるいわゆる聖地といわれる場所を繋ぐと、不思議と一直線上に並ぶのだそうです。このエネルギーラインの事を指します。このライン上を旅すると、いろいろと不思議な事が起こったり、とても癒される不思議な効果があるといいます。
心や身体、魂が深く傷ついたとき、旅は最高の特効薬です。旅先で出会う人、旅先の風景、旅先の地が元より持っているそれらのエネルギーを吸収して人は元気になっていくのでしょう。

当社にご縁をいただいたすべてのみなさまへ、
そんな旅をおとどけしたい。
その思いをこめて、2001年1月社名変更とさせていただきました。

2013年9月 あるお客様からのオーダーで、エジプトの手配をさせていただきご一緒させていただきました。当時エジプトは渡航自粛が発令されている状況にありながら、この時期だからこそ祈りを捧げにいきたいというメンバーの方々で、この旅にご一緒させていただき、私自身さらに旅の不思議な力をこれまでにもまして強く感じさせていただいたのです。そんな旅の力をみなさまにお届けしたい。

聖地とは?と辞書を開けば、神・仏など特定な宗教の神聖な土地とか、特定分野における重要な場所となっています。しかしながら、実は個々人がそれぞれに心に刻んでいる思い出の場所がその方にとっての聖地であり、人が移動するその土地のエネルギーの交流によって聖地は増えていくものだと思うのです。つまり地球のすべてが、宇宙が聖地になるのです。

当社はさらにエネルギーラインを創る聖地への旅、
ご提案をさせていただきます。
 
レイライン紀行

『レイライン紀行』詳細はこちら