添乗にこだわる

私たちは、添乗業務にこだわっています。

添乗員って何をする人?正式名称は旅程管理者といいます。
企画・手配させていただいた旅の行程がスムーズにいきますように、行程の管理をさせていただくのが仕事です。トラベル(旅)の起源はトラブル(問題)なのだそうですが、旅行は形がみえません。まったく同じ行程をこなしていても、天候や参加者のみなさま、交通機関の事情等々さまざまな要因により、同じということがありません。なにがあっても、お客様を安全に行程に準じてご案内することがまず一番の責務です。
とここまでは、法律上に記載されている添乗員の業務です。

新規でお受けするお仕事では、ときどき、「添乗員さんはいりませんから」と言われる時がございます。・・ときにはガイドも不要ですとまで・・。
乗務員を削れば、多少は経費がやすくなるのでは?・・そうおもわれるのもひとつでしょう。でも、どうもそれだけでないようです。
法的な業務では、添乗員は旅程管理に徹すれば良いので、何も仕事らしいことが無いように見えるのです。ですから、お客様から、添乗員もガイドも仕事をしない・・と思われているようなのです。

当社の添乗員は旅の演出家(コーデイネーター)です。

派手な演出でお客様に楽しんでいただくカリスマ添乗員ではありませんが、交通渋滞、天候不良、予期せぬ出来事に対処するのはもちろんの事、完璧な手配であり、また最高の天候にめぐまれたとしても、最後の仕上げをキチンと完結するのが添乗員の仕事です。
宴席にも同席し、幹事様が負担にならないようにサポートさせて頂きます。
共有させていただく時間、言葉をかわさせていただく中にこの旅をさらに思い出深くさせていただくヒントが詰まっています。
お一人お一人の、貴重な旅の一瞬を、より思い出深いものとなりますように、お手伝いをさせていただきます。

感動のエッセンスとエネルギーをそえて!
あなたと、また一緒に旅がしたい・・
そうお言葉を掛けて頂けるのが一番の喜びです。