(株)e-エントリー様『GOGO 沖縄 社員旅行3日間』

・域?ェ・会ス・シ阪お繝ウ繝医Μ繝シ讒俶イ也ク・001_convert_20100615181519

2010年6月4日~6日

GOGO 沖縄!今年はどんなサプライズ旅行に?!
(株)e-エントリー様の『GOGO 沖縄 社員旅行3日間』へ添乗してまいりました。
(株)e-エントリーの社長様とは商工会議所の女性経営者の異業種交流会『シーズ』でご一緒させていただいて以来のご縁・・
いえ・・・じつはその前から不思議な縁でむすばれし中国の旅からのご縁で、かれこれ20年近くのおつきあいをさせて頂き、
毎年社員旅行の他、社長様がサプライズ大好きですので、さまざまなお遊び演出なども、させていただいております。
なんといっても、社長様はいたずら好き、歴史好き、サプライズ好き、人の行かないところはもっと好き。
といった一風変わった旅をご希望ですので、社員のみなさまもそのあたりを心得てか、はたまた、その気質が伝染してか?
通常の観光ルートなどご提案させていただいても却下の二文字が帰ってきます。
旅の作り手としては腕の見せ所というか、こちらも楽しんでさせていただけるお仕事で感謝一杯です。
・域?ェ・会ス・シ阪お繝ウ繝医Μ繝シ讒俶イ也ク・038_convert_20100615183913
楽しい夜は、みんなで踊ろう!
一昨年の創立25周年記念のバリ旅行は究極でした。
社員さんからも社長様へサプライズを依頼され、社長様からも社員のみなさまが驚く演出をと依頼され・・
私共が何をしたか・・・参加者全員へバリの民族服をご用意。
空港到着後、近くのレストランで全員がお着替え、すっかりバリ人へ変身してのデイナータイムをお楽しみ。
お食事の最後には、社員様からのご依頼で、会社のお誕生日、特大ケーキのご登場です。
その後、全員がそのままの服装でバリの一番の繁華街、クタの町をじゃらんじゃらん(散歩の意味のインドネシア語)しました。
めだちましたねえ・・・お店の人がみな外へでてきて、楽しいひとときでした。
実は、日本へ戻ってからも、社長様からのご依頼で、なにか変わった周年パーティーをしたいとのこと。
させていただきましょう。
しみ。
社員さんはまったく知らず、正装でホテルへ来るようにとの社長様からの指示のみで、
通された部屋には、ホテルに似合わぬ紅白の横断幕と、くす玉が天井から下がるのみです。
形式的な式典を終え、いぶかる社員さんを尻目に、社長様がくす玉のひもをひくと、横断幕が落ち、
そのむこうから、バニーガールとカジノが出現するという趣向でした。
ちなみにバニーちゃんは、社長様の計画を知ったお得意様からのお祝いでした。

 ・・なんて、凝った演出つづきの社員旅行ご一行さまですから、沖縄~といえばの定番コース。
中北部観光と、南部の戦跡めぐりなど、もちろん却下されてしまいました。
95%が女性という会社さまですので、お買い物も半端じゃない。
やはりリゾートホテルはやめて、国際通りのホテルをおすすめしようっと。
しかし~、時は6月、梅雨まっさかり。大丈夫かなぁ?もともと沖縄は去年からのご希望でした。
静岡空港からの一番機に乗りたい! 沖縄がいい・・・
6月は梅雨ですよ。~一番機混みますよ~。まだスケジュール決まってませんよ~。いろんな理由をつらつらかさねて、沖縄は中止。
最も空港開港の遅れで混乱もしておりましたから、結果的にはよかったと思います。
そして今年・・・なんと空港開港1周年の記念すべき日に遭遇しました。さすが社長!!運が強い!!
この日程決めたのってレイラインさんの演出ですか?といわれましたが、いえいえ、すっかり忘れてました。
すみません。日程決められたのは社長です。

祝 富士山静岡空港1周年にドンピシャ!
出発ゲートには、静岡県知事様はじめ、全日空静岡支店長様、他お歴々がずらりと並び、記念品も頂き、
報道のフラッシュをあびて、まるでお客様全員が芸能人のようでした。貴重な経験でしたね。
飛び立つのが一寸おくれたのが玉にきずでしたけど。
さて、機内でお弁当をお召し上がり頂き、一路那覇空港へ。
強い向かい風の影響で2時間30分ほどのフライトを終え、無事到着。

馴染みのガイドさんのお出迎えです。
(ガイドさんドライバーさんも実は指名。e-エントリー様にぴったりの「ノlリ」のいいガイドさんなんです)
車内の挨拶もそこそこに、さっそく最初の見学場所、首里城公園へ
沖縄戦の米国軍の攻撃で消失してしまった首里城は、約450年にわたる琉球王国の歴史を伝える貴重な財産でした。
47年ぶりに再建され、2000年、日本で11番目のユネスコ世界遺産として周辺グスクと共に登録されています。
沖縄サミットの際は、遠い琉球王国に思いをはせて、ここで夕食会も開催されています。
2010沖縄
さて、ご一行様は、守礼の門を背景に、琉球衣装に身を包み、はいポーズ。
天気予報では3日間雨のはずが、バスをおりるとお天道さまが顔をだし、
この後本殿までの急な石段を登るときには、日差しが強いこと強いこと。
すでに沖縄陽気を堪能されたご様子で、少々ばて気味ながら、首里城公園見学を済ませました。
今日は、これからホテルへチェックインして早めの夕食です。
大型バスは国際通りに入れませんので、県庁前へ停車、すぐ目の前にある2008年にオープンのホテル『ロコアナハ』へ

レストランのお迎えバスで、ステーキハウスへ・・今夜のお食事です。
入り口には松明の火が入り、レストラン内は異国情緒があふれていますので、
みなさまちょっぴり海外にでもいるような気分を味わっていただけたのではないでしょうか?
食事スタートに先立ち、幹事様が記念すべき赤色の誕生日をお迎えになったとかで、
生まれ年のワインをみなさまからプレゼントされていらっしゃいました。本当に社員同士、仲の良い会社様です。
ステーキ・ロブスターは、コックさんの華麗なるパフォーマンスと共に、進んでまいります。
デザートがでてくるころには、もう食べれな~い。の声が・・よかったです。ご満足いただけましたようで。
さて、ホテルへ送っていただくも一人もバスを降りず、
内緒で国際通りの真ん中まで送っていただき、みなさまショッピングへとお出かけになりました。
朝までには帰ってきてね~。

2日目
今日は中北部観光へまいります。
といっても通常とはひと味ちがいます。まずは今帰人城跡へ(なきじんじょう)こちらも世界遺産です。
城壁しかのこっていませんが、首里城と同規模をほこり、自然の地形をいかした石垣が本当に美しい、
また海がとても美しい絶景の場所でもありますが、曇り空の下、ちょっと残念。
以前に友達がどうしてもここに来たいとゆうので、プライベートで遊びにきた時、桜が満開でその美しさに圧倒されました。
また春にもいらしてくださいね。
22010沖縄
見学後は、沖縄で一番人気の観光スポット。
海洋博記念公園内の美ら海水族館へ(ちゅらうみ)
な~んだ。一般的なコースじゃんとお思いのあなた!そうではありません。なんたってここでの自由時間が半端じゃない。
長~いのです。なぜって、海水浴したいっておっしゃたから。
白砂の美しいビーチが確かにありますが、わたしもいまだかつて泳ぎにいかれた方を存じ上げません。
ですが、そこはノリのいいみなさまの事、男性陣は全員チャレンジされたそうです。
あとでお聞きすると海水の方が温かく、風が吹いていたので、かなり寒かったそうです。
さて、海と、ジンベイザメを眺めながらの名物カフェでのお食事などを堪能されて、那覇へ戻りますか?
途中、沖縄名物むらさきいもタルトのお菓子のポルシェ直営店でのショッピングをご堪能いただきましたが、
ガイドさんから耳寄り情報。
「JAの直営店へ寄りましょうか?スナックパイン(芯まで頂け、手でちぎって食べる小振りのパイン)やパッションフルーツが格安ですよ。」
さあ、立ち寄らない訳にはいきません。 今日でよかった。
最終日なら店ごとみなさん買っちゃいそう。

ホテルへ到着し一休みするまもなく、国際通りで、琉球舞踊を鑑賞しながらのお食事を楽しむ宮廷料理店へ向かいます。
徒歩10分。ショッピングはあとにしましょうね。
とにかくお店までいってくださいね。
時々後ろを振り返りながら数えてみるものの、なんだか人数減ってない?
2010沖縄3
社員旅行でこんなにゴージャスなお食事?とお店の人も驚く、
最高級コースをお楽しみいただき正当派の琉球舞踊をお楽しみ頂いた後は、2次会場へ。
もうすでにみなさんは満腹のご様子です。沖縄民謡のお店の「鳩間島」。料理もお酒も、なによりお店の人の人柄がいい。
店主の吉川さんはCDも発売し日本各地で演奏活動もされるプロの歌い手。
お店中がわいがやと楽しんでお友達になれる雰囲気で、以前に社長様をご案内して以来、気に入ってくださり、
社員旅行の2次会として白羽の矢が立ちました。
さて、歌が始まり踊りが始まる。今日が最後の夜ですから、飲んで食べて踊りましょう・・。
このもよう、鳩間島ブログに、なにやら掲載されてます。

3日目
出発が早すぎ~のブーイングの声をよそに、最終日の観光へまいります。
まずは、沖縄ワールド・文化王国・玉泉洞へ
地下洞窟・鍾乳洞の玉泉洞、総延長5000m(公開は890m)をほこる東洋一美しいといわれる洞窟をご見学いただいたあとは、
シニアガイドによる、琉球民家を訪ねるツアーです。
ツアーの最後は、ぶくぶく茶をお楽しみいただきます。このお茶、お茶碗の上に白い泡がまるでかき氷をおもわせてのっています。
茶筅でぶくぶくと泡立て、お祝いの席でいただくお茶ですが、
ガイドさんもドライバーさんも飲んだことないって話していましたから、今では珍しいもののようです。
冷たい(熱くもできるそうです)ぶくぶく茶の不思議な食感を楽しんで、さてバスへ戻るのがまた大変。
なぜって・・・出口まで、お土産店を抜けていかないと駐車場へ行けない!
いろんなお土産物の誘惑と戦っていかなかくては~。

さて、次は水中観光船にて海中散歩を楽しみます。
透明度はどうかな?少し心配しながら潜水スポットへ。
展望室へ全員が移動するとゆっくりと水中へ展望室が潜水していきます。「お~っ」のどよめきとともに、
珊瑚や魚が次第に姿をみせてくれます。
やはり雨続きですからさほど透明度はよくありませんでしたが、しばしお魚気分で水中を散歩しましょう。

さあ、いよいよ、DFSでのお食事が終了すれば空港です。

那覇空港は、本土へ戻る観光客でとっても混雑しています。
荷物をあずけ、機中へ・・・ってまだ買い物します???