第1弾・インドネシア企業視察 

2011 11/23~11/27

さかのぼりご報告第1弾 インドネシア企業視察報告記 11/23~11/27 5日間 

インドネシア・ジャカルタへ 全国自動車用品工業会 様の視察研修をお手伝いさせていただきました。

東京に拠点のおありの団体が、わざわざ静岡までご用命くださり、本当にありがとうございます。 前回は中国・義烏へおでかけくださいましたが、今年はインドネシアです。
さて、今回のインドネシア、事の他苦労いたしました。 なにしろ、インドネシアはいまや空前の視察ブーム。 日系企業の中国からの撤退、タイ・バンコクの洪水と続き、企業の移転先の候補地としていま一番の注目の地がインドネシア。 なかなかお客様のご希望の視察先のアポイントが叶わず、ぎりぎりまでおまたせしてしまいました。

23日、成田空港へご集合、お懐かしいお顔、初めてお会いするお顔、 いつもながら緊張する一瞬です。 インドネシアの査証申請を成田空港で行い手続き後、約6時間のフライトへむけ、機上の人となりました。まあ、お客様の半分はビジネスクラス、ごゆっくり。 インドネシアへは夕刻の到着です。

あ~暑い!! ホテルへ向かう途中で、お夕食。クーラーの効いた個室でインドネシア料理をおたのしみいただきます。
その間に、添乗員はてんてこまい、明日からの視察先のうちあわせにおおわらです。
なんたってぎりぎりまでかかった視察先、インドネシア語、英語、日本語とびかいおおわらわ。食事などするまもなく万事終了。 予定通りすすみますように~、とホテルへ向かい今夜はゆっくりおやすみ頂きます。

24日 PT KYOWA 様のご視察です。 本日はオーガナイザーさまからのご紹介の企業です。名物インドネシアの渋滞をくぐりぬけ、到着です。さっそく、企業概要の説明を聞かせて頂いた後、工業見学です。 2輪の部品製造のメーカーさんですが、インドネシアの成長に比例し次第に4輪への移行対策もはじめれらていらっしゃるようです。

最近はおとなの社会科見学などと称して、企業視察が国内でも人気を呼んでいます。
よりわかりやすくガラス張りの視察コースを設ける企業もありますが、半ば観光ルート的になったものとはちがい、専門家同士、質問も答えもかなり高度・・技術的なことはさっぱりのわたしはいつも初心者質問でみなさまの失笑をかっております。 蜈ィ閾ェ逕ィ蟾・繧、繝ウ繝峨ロ繧キ繧「+010_convert_20120220163800 蜈ィ閾ェ逕ィ蟾・繧、繝ウ繝峨ロ繧キ繧「+016_convert_20120220163909

午後からはJETROを訪問。日系企業の状況、インドネシアの現状などをリサーチいたしました。しかし、JETROさんは相当忙しいようです。 一気に視察や、進出の相談が舞い込み、日曜日、祝日もないとのこと、視察団体はみなおなじ質問攻めで、さぞやおつかれの事でしょう。 蜈ィ閾ェ逕ィ蟾・繧、繝ウ繝峨ロ繧キ繧「+050_convert_20120220164731
さて、一度ホテルにもどり休憩の後、現地の起業家の方との食事会です。 旅行の行程は、めいっぱいいれたがるのが日本人ですが、暑い地域では、以外と体力も消耗するもの、ちょっとした休憩がとても身体を楽にしてくれます。無理は禁物。 夕食は、現地の方の生情報。これが実は一番の収穫かもしれないといつも思います。 そういうかたといかにつなげるか?ここが腕のみせどころです。 今回もみなさまには喜んでいただけたようでした。

25日、今日は郊外へまいります。ベテランガイド・アムソリさん曰く「絶対渋滞する。」の言葉で予定よりかなりはやくホテルを出発いたします。なにしろインドネシアの名物渋滞。ところが~。信じられないほどスムーズにすい~すい~。と順調です。反対車線の大渋滞をながめながら、しんじられないはやさで到着。アポイントの予定を30分以上早く到着です。インドネシア人に日本語その他の教育訓練を行い、日本へ研修生としておくりだす財団法人日本インドネシア経済協力事業組合 様 JIAEC 様を訪問。 授業の様子など拝見いたしました。
一見軍隊風?でも、みなたのしそう。たった3ヶ月で日本語をある程度マスターするそうです。なぜにそんなに早く習得できるか?やはり現実的に、お金を稼ぐこと。日本語を学び、日本で働きたい。そういう思いにほかならないようです。
日本人が語学が学べないのはハングリー精神がかけてるからかなあ? 蜈ィ閾ェ逕ィ蟾・繧、繝ウ繝峨ロ繧キ繧「+080_convert_20120220164941 蜈ィ閾ェ逕ィ蟾・繧、繝ウ繝峨ロ繧キ繧「+092_convert_20120220165608

午後は、pt FUJITA 様 ご訪問。 視察続きで仕事にならないと仰ってましたが、お時間がないなか、本音トークを語ってくださり、そのお人柄にみなさま魅了されました。いまの日本では考えられない発展の仕方を拝見すると、日本での商売なんておもしろくないだろうなあと想像してしまいます。 さしずめ、戦後高度経済成長まっしぐらな勢いがあった日本の状況なのだろうと推察いたしました(もちろん、戦後うまれですよ。私は・・)
多忙な上に、国の違いから生じるさまざま問題を抱えながらも実に楽しそうな社長様です。 蜈ィ閾ェ逕ィ蟾・繧、繝ウ繝峨ロ繧キ繧「+138_convert_20120220165752
最終日は、ジャカルタの市内観光をして、一度ホテルへもどり、夜便にて成田へむかいます。
市内観光といってもさほど有名な建造物もありませんが、デパート散策では、お国柄がしのばれる品揃えに一時楽しく
過ごしました。 蜈ィ閾ェ逕ィ蟾・繧、繝ウ繝峨ロ繧キ繧「+155_convert_20120220170140 蜈ィ閾ェ逕ィ蟾・繧、繝ウ繝峨ロ繧キ繧「+178_convert_20120220170353

ジャカルタ空港にて、その後第3国へご出発のお客様とお別れ、みなさまは成田行きガル-ダインドネシア航空にてご帰国です。最近のアジアの空港でめだつもの、TV下の サムスンの文字。ここジャカルタ空港はなんとロッテ免税店が建設中でした。おそるべしコリアンパワー。
国をあげての海外進出、海外企業視察をさせていただくといつも考えさせられます

、日本政府よ、もっと世界を、中小企業の未来を考えてくれ~。・・と