第2弾 伊勢神宮の旅 オクシーズ 

2011 12/10~12/11

さかのぼり添乗報告第2弾 オクシーズ 様 伊勢の旅 2011 12/10~12/11

静岡の奥の奥  通称 「オクシズ」を司る?団体様の添乗です。
このところ、なぜか神社・仏閣が大ブーム。 世の中に悲観してか?はたまた・・・最近のパワースポットブームも相まってか?全国各地の神社には多くの参拝客がつめかけています。 ここ、伊勢神宮も過去最大の参拝客記録を更新つづけております。
伊勢神宮といえば、みなさまご存じですか?式年遷宮。およそ1300年もつづく神事で、正殿はじめすべての社を20年に一度、立て直しをするという行事です。平成25年、来年がその年にあたります。 すぐに社がすべてできあがってしまうものではもちろんありません。すでにさまざまな準備がはじまり、伊勢神宮はいつにもまして、賑わっております。
伊勢神宮の正式な参拝は、まず外宮を参り、そのあと内宮へとまいります。 伊勢神宮の案内人さんと知り合ってから、私もちょっと神宮の知恵をさずかりまして、ガイドブックにも載っていない伊勢神宮の巡り方なんてのも知ってるんですけど・・うんちくを始めるとながくなりそう・・ですのでやめときます。

さて、オクシーズさま、当初は初日をのんびり松坂で牛肉を召し上がって頂き、翌日伊勢神宮とおかげ横町など楽しんで頂く予定でしたが、なんと「伊勢マラソン」とかち合ってしまいました、日曜日の午前中は交通規制とのこと、きぜわしくて申し訳ありませんが、初日に神宮詣、翌日は鳥羽水族館を楽しんで頂き、フェリーにてお帰りのコースとなりました。 

伊勢神宮は案内人さんを同行で参ります。 こういう案内人さんをお願いするとき、いつも困ることがあるのです。うちのお客様以外のお客様が時々まぎれこむ。これって本当に添乗員泣かせなのです。 意地悪してる訳じゃないけど、こちらはお金を支払っておねがいしていますからね。ときどき、うちのお客様より前に陣取ったり、ときには質問までするかたもあるのです。どういっていいやら、「すみません、団体でお願いしてあるので」あまり目立つとそのようにお声がけすることもありますが、「ごめんなさい」といわれることは希で。大体が、「けちね」とか、あからさまにいやな顔をされ、それでも団体についてくる・・これってどういう心理でしょうね。賢明なみなさまはぜひ、ご自身で案内人さんをおねがいしてくださいませ。
繧ェ繧ッ繧キ繝シ繧コ莨雁兇逾槫ョョ+024_convert_20120220201130 繧ェ繧ッ繧キ繝シ繧コ莨雁兇逾槫ョョ+018_convert_20120220201202 繧ェ繧ッ繧キ繝シ繧コ莨雁兇逾槫ョョ+003_convert_20120220201249

オクシーズのみなさまは歩くのがお好きなようで、本当によく歩かれます。
伊勢神宮の参拝は相当あるきますけれど、その後おかげ横町では、なんと、走ってました。(赤福をお求めになるた)すごい体力です。
時間が押しているなか、しっかり伊勢うどんもめしあがり、本日のお宿へ。
今日のお宿は石鏡という場所にあります。
じつはここ、あの「ゴジラ」が日本で最初に上陸した場所として、
撮影現場となったところ、
なつかしい写真が廊下にかざられています。 繧ェ繧ッ繧キ繝シ繧コ莨雁兇逾槫ョョ+043_convert_20120220200724 (ここに上陸) 繧ェ繧ッ繧キ繝シ繧コ莨雁兇逾槫ョョ+053_convert_20120220200753

漁師料理の素朴な宿ですが、翌朝の日の出の見学。とんびの餌付けがお食事前のお楽しみ。

眼下に広がる海をみながら朝食をお召し上がり頂きました。 繧ェ繧ッ繧キ繝シ繧コ莨雁兇逾槫ョョ+044_convert_20120220200149 繧ェ繧ッ繧キ繝シ繧コ莨雁兇逾槫ョョ+052_convert_20120220200219

(とんびの餌付け) 2日目は水族館をお楽しみ頂きます。ラッコなど、鳥羽水族館のスターが勢揃い。
本日の昼食には、宴会料理にもまけない漁師料理をお楽しみ頂き、フェリーにご乗船です。
きれいな夕日をながめながら静岡へもどります。 繧ェ繧ッ繧キ繝シ繧コ莨雁兇逾槫ョョ+060_convert_20120220195726
(途中にみえた潜水艦・海上自衛隊です) おつかれさまでした・・。 といいたいところですが、ちょっとハプニング、帰路、退屈しのぎにかけたDVDがことのほかおもしろく、最後の幹事さんのあいさつもなし、静岡駅についた時にはDVDが佳境にさしかかっておりました。だ・だ・だれもおりてこない!しぶしぶおりるも、バスの外から画面をながめ・・だれか結末しらせてくれ~。ってどうなったのかな最後?私もみたかった。