ガルーダインドネシア航空・受託手荷物の許容量大幅拡大

logo-skyteam[1]
海外ご出発の際、あれなこれやと荷物をつめて、空港のカウンターで、重量オーバーです。
と追加料金を航空会社から請求された、なんてことありませんか?

最近は、スーツケースが丈夫で軽いためか、ついつい沢山つめすぎて、オーバーし、カウンター
でケースから出したり、差額を支払ったりといった様子をみかけることが多くなった気がします。

航空運賃が下がったためか、荷物の重量に関しては最近とても厳格な航空会社が増えてます。
通常は、ビジネスクラス30k エコノミークラス20kですが、航空会社によっては、すこし幅があ
ったり、サーフボードは無料とか、ゴルフバックはひとつまで、などと特別規定を設けている路腺
航空会社もあり、以前のように一律ではありませんから、要注意。

で、本日のおしらせです。
ガルーダインドネシア航空では、受託手荷物の許容量が大幅に緩和されました。
これまでも他社にくらべると少々大目ではありましたが・・。
ファーストクラス 50 → 64k
ビジネスクラス  40 → 64K
エコノミー     30 → 46k

安心してなんでも持っていける、お土産も沢山買えますね。
いやあでもでも・・・・持つのは自分。エレベーターのない駅の乗降者は要注意です。