『オトクドー様 世界文化遺産・富岡製糸場と小江戸・川越散策の旅』

富岡製紙場

2015年5月21日。本日は『オトクドー様 富岡製糸場と小江戸・川越散策の旅』に添乗させていただきました。総勢 35名様。 いつも楽しく賑やかな全員女性のお客様です。

『オトクドー様』は今年で『開業7周年』を迎えますが、オトクドー様バスツアーは、開業翌年からご依頼いただいているので、今回で6度目となります。毎年大型バスに満席に近いお客様にご参加いただき、店主、米山様のお人柄がうかがえます。

富士駅6:30出発。早朝にもかかわらず、皆様、時間前のご集合。すばらしい!
朝方までの嵐のような風雨に少々心配しましたが、空はうそのように晴れ渡り 絶好の旅行日和です。皆様が口々に「私の日ごろの行いがよいからね、きっと~」の声を聴きつつ、もちろ~ん!皆様への日ごろのお心がけに感謝です。
皆様のワクワクをのせて、いざ『群馬 富岡製紙場』へ。

向かう途中のバス車中では、さすが女性のお客様ならでは・・
おいし~い香りが漂う中、楽しいお話に花がさいておりました。

今年3月、圏央道・海老名JCT~寒川北間が開通し、昨年世界遺産に登録された
富岡製糸場への道のりもぐっと近くなりました。

約3時間半、楽しいバスタイムを過ごし『富岡製糸場』 へ到着。

156 富岡製紙

富岡製糸場は、生産量が限られていた生糸の大量生産を実現した『技術革新』
世界と日本との間の『技術の交流』を主題とした近代の絹産業に関する遺産を
価値あるものと評価され世界遺産登録されました。

富岡製紙

富岡製紙2

製糸場の歴史、建物の構造、絹糸をつくる機会、そこで働く工女達の生活など、広い敷地を選任ガイドさんからご案内。皆さん、ガイドさんの話に興味深く、熱心に耳を傾け、時には質問をしながら1時間ほどかけて『世界遺産・富岡製糸場』 を堪能していただきました。

富岡製糸場の後は、おまちかねのご昼食。
今回は、人気の高い『峠の釜飯』をご用意。昼食後は、皆様やはりお買い物タイム。両手いっぱいのお土産をかかえ、いざ『川越』へ。

川越

こちらも女性には根強い人気の『小江戸・川越』。
お客様の中には「もう4回目よ」と言われる方も。さすが!です。
明治時代の大火によって甚大な被害を受けたことをきっかけに耐火に優れた蔵造り建築の店舗が並ぶようになった町並みに400年の歴史を持つ『時の鐘』が時を知らせなんとも情緒があります。ここからは、自由散策です。お仲間にわかれて・・どちらへ?拝見していたところ、ソフトクリーム店、名物サツマイモのお饅頭屋さん・・と、みなさん、ひとまず「休憩&おやつ?タイム」をとられて、思い思いの場所へ。

川越2

町並みをバックに撮影する方。
重要文化財を見学する方。
どこでも楽しみかた満載の皆様に脱帽です。

2時間近くの散策を終え、またまた両手いっぱいのお土産をかかえバスへ。
帰りのバスは少し静かな時間をすごしながら、日がすっかりおちた頃、無事に到着。

みなさんの「楽しかった~ また、行きたいね!」とのお声とともに、にこやかな笑顔を拝見して、私もたくさんの元気をいただきました。ありがとうございます。

来年もオトクドーの皆様の元気な笑顔と楽しい旅にご一緒させていただけることを願いつつ、私も日々精進させていただきます。

『オトクドー様』開業7周年おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます!