Warning: Use of undefined constant ・・・ - assumed '・・・' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/6/2/0188626/www.rayline.co.jp/rwp/wp-content/themes/r_twentytwelve/content.php on line 21
【ローマ・ブタペスト】~娘のバレエ「卒業公演」鑑賞&結婚21年目の夫婦2人旅・・・

ハンガリー 卒業公演

ハンガリー 卒業公演

2015年6月6日~6月14日(9日間)でハンガリーへバレエ留学している娘さんの卒業公演にあわせ21年ぶりのご夫婦旅行で【ローマ・ブタペスト】観光へおでかけくださった奈良在住のIさんファミリーの奥様より素敵なご家族写真と共に旅行記をいただきました。

今回のご旅行依頼は、奥様からのご要望で娘さんのバレエ「卒業公演」で「主役」をつとめるため、その応援と鑑賞にあわせ、限られた日数を最大限にいかし、夫婦で憧れの【ローマ・ブタペスト】観光をしたい!の希望をかなえるべく、ご提案&手配をさせていただきました。

ご旅行から無事お帰りになられて、奥様から素敵な旅の日記&画像とともに丁寧なお礼の言葉を頂戴し、このうえない喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。スタッフ一同心よりお礼申し上げます。また、お互いの「信頼を深めあう」ご夫婦の旅日記とともに娘さんの「卒業公演」の成功とご成長を見守るご両親の姿に・・涙・涙で感激ひとしおでした。

今回も、Iさんファミリー、ご夫婦のご旅行にかかわることができ感謝でいっぱいです。
本当にありがとうございました~                手配担当 Tより

**************************************************

サンピエドロからの眺望

2015年6月6日~14日(9日間)、結婚21年目の夫婦旅行へ行ってきました!!!

ハンガリーにバレエ留学している娘の卒業公演の鑑賞日に合わせ、公演前に夫婦でローマ旅行をしてからハンガリーで娘と合流!という計画を立てました。

21年前。私たちは新婚旅行も家族を呼んでハワイで挙式した為、夫婦二人だけの旅行はありませんでした。子供にもすぐに恵まれ、しかも今、主人とは(主人の)仕事の関係で8年ほど単身赴任中ですので 娘と合流するまで、夫婦で5日間も2人だけ・・というのは正直(大丈夫かなあ、仲良く行けるかなあ~)覚悟がいりました(笑)。

この旅行の過ごし方次第で、今後の夫婦関係が決まる~!(笑)と思うほど私の中では人生の大きな岐路に立たされているようにも思え・・旅行前からいろいろな思いでいっぱいでした。 また3年間、海外で一人頑張った娘の門出の卒業公演でしたので、夫婦ふたり「頑張っている娘を見守りたい!」といった思いはひとつでした。

そんな事情あり?の夫婦旅行でしたので、絶対に成功させた~い!との想いから、出発の半年ほど前からレイラインさんに相談し、あれやこれやと企画を練りながら、スケジュールをたてていただきました。ほんとに頼りになります。

提案してくださるオプショナルツアー1つにしても詳しく調べてくださり、質問にも本当にわかりやすく説明していただき、納得しながら計画を進めていくことができたので旅行への楽しみ度は倍増でした。

一昨年、家族で年末に娘のいるハンガリーに行きました。家族の良さを改めて知った素晴らしい旅行になりました。そしてあれから子供たちが巣立っていく流れを暖かく見守ることができています。そして今回は「夫婦だけ」・・。きっとこれからの老後に向けての準備が始まったのだなあと苦笑いしています。

そして、あっという間に旅行出発の日、6月6日を迎えました。
まず 飛行機に乗り遅れないように・・。どんなハプニングにも対応できるよう心は準備しているつもりでしたが、飛行機が飛び立つまではドキドキでした。飛び立った瞬間。
前回のハンガリー家族旅行もそうでしたが、まるで大きな船にのっているかのように、身を任せて連れていかれるだけ~といった安心感にも似た不思議な空間に包まれました。
大きな意味のある旅の時は、なぜかそういった感覚があります。

ナポリ散策

1日目。無事に「ローマ」到着。ホテルへ
街中で便利の良い綺麗なホテルでした。Wi-Fiも使えたし、お部屋も綺麗で、朝食は野菜も豊富、主人はハム類が絶品だ!!と文句なしでしたよ~

2日目。「ナポリ・ポンペイ」へ一日観光のツアーに参加。
子供の頃 、『ポンペイ最後の日』という映画を観て子供ながらに強く印象深く残っていたので、絶対に行ってみたい!という場所でした。

遺跡があんなふうに残っていたことに本当に驚きました。そしてその時代の人の賢さ器用さに感嘆しました。ガイドさんのわかりやすい丁寧な説明と案内のおかげで古代ローマ時代を間近に感じとても良かったです。ナポリの街はローマとは全然違う賑わいと下町っぽい情緒があって親しみやすい雰囲気でした。母がイタリアでナポリが一番好きと言っていた事を思い出しながら海の香りがするナポリの風に吹かれました。バスに乗って連れて行っていただいたので体も休めて良かったです。

3日目。半日市内観光と夕方からのナイトウォーキングツアーに参加。
4日目。バチカン美術館半日観光ツアーに参加。

今回は毎日、何かしらのツアーに参加しました。すべて日本語ガイドさん付き。自分たちでうろうろするのも憧れたのですが、建造物を見るだけでなく 歴史に触れて古代ローマを「心」「魂」で感じたかったので耳から目から 脳にインプットできるように。

3日目の市内観光。
ミケランジェロが建築した「サン・ピエトロ大聖堂」のてっぺん(クーポラ)まで「一度は行くといいですよ~」と案内してくださったので、そこまでの道のりがどれだけ大変であるのか?といったことは想像もせず、私たちは気分ノリノリで「行くしかない!」の想いからすでに歩き始めていたのでした。

サンピエドロからの眺望

エレベーターで途中まで上がり、とても厳粛な雰囲気のせまい階段を320段登り、ローマやバチカンの最高の絶景を目にすることができました。人も多くとても混みあっていましたが本当に感慨深いものがありました。

ただ、途中の道のりでは、人を抜かすことも急ぐこともできず・・・おかげで降りてきたときは集合時間をとっくに過ぎておりました。なんと!はぐれてしまったのでした!!!イタリアで迷子????!!ご迷惑をおかけ致しましたm(_ _)m レイラインさんが作ってくれたガイドブックを持ち歩いていて良かったです。きちんと困ったときの連絡先は書かれてありました。すぐに電話・・。

この時、旅行前にガラケーの携帯からiPhoneに変えたことが正しい選択だったと心の底から思いました(笑)。 皆さんはもう次の観光場所へ向かっているとのこと。(そりゃあそうだ~)と思いつつ、市内観光ツアーの最初の場所で置いてけぼりになるなんて・・・この後はどうやって廻ったらいいのかな?!主人と二人・・タクシーは大丈夫なの?といろいろな不安が頭の中をめぐり、とっても開き直れない状態の私でした。こんな時こそ、人のせいにして、主人と喧嘩をしてはいけない!と頑張って意識しました(笑)。

主人は地図を広げ、なんやかんやツアー会社さんと電話で話して、なんと「合流しまーす」と言ってるではありませんかぁ! 地図が読めて、行き方もわかり、距離も時間も、全て予想できている主人をみて「うわ~!頼もしいわぁ~頼りになるわぁ~」と心底思い、主人の株があがりました!!!

あの時言えなかったけど・・・・『ほんとにありがとうね・・・』。

無事に皆さんとも合流でき、残りの市内観光もしっかり楽しめました。 
「パンテオン」・・「トレビの泉」・・「コロッセオ」だけ行きそびれちゃったので後で自分たちだけで行くことにしようと思い、

その時のイタリア人ガイドさんに行き方を聞くと・・・
「コロッセオ」は個人で入場するのは2~3時間待つよ~、待ち時間もったいないよ~、入っても石がゴロゴロ転がっているだけだから、外から見るだけで十分だよ~」と。
さすがイタリア人!!古代遺跡に囲まれて生活しているからでしょうか?なんと軽やか~。石がゴロゴロ転がっているだけって・・(笑)、どこか腑に落ちない思いも持ちながら、それならコロッセオの外側を見るか~とツアーを解散したあと眺めに行きました。ほんとに入場するための長い行列ができていました。

真実の口
真実の口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外観をながめながら近くのレストランで美味しいイタリア料理をいただきそれなりに満足できた私たち、夕方のナイトウォーキングツアーに向かいました。参加者は私たち二人だけということ。ガイドさんが「せっかくだから 融通利かせられるし、行きたいところ組み込めますよ~」と言っていただきました。「フォロロマーノ」や「マルチェロ劇場」「真実の口」などゆっくり歩きながら散策。街中になにげなく建っている建物が紀元前のものだったり、現在も日常的に使われている橋や広場が古代ローマの歴史を物語るものだったりとたくさん、たくさん歩きましたが、ローマ時代の風情、情緒を肌でじっくり感じながらの散策はとても良かったです。そして最後に 「夕方は空くんですよ~」とおっしゃっていましたが、なんと「コロッセオ」の中にもスーッと待ち時間なく入場することができました。

コロッセオ

コロッセオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画で見る「コロッセオ」。実際みるコロッセオが重なり、勝手に脳の中でいろいろな画面が浮かんでそれはそれで感慨深いものがありました。ゆっくりと時間制限なく存分に回らせていただき 夕方が雰囲気に趣をだしていて今日は、結果的にサン・ピエトロ大聖堂のクーポラも行けたし、ほんとにいいとこ取りができたね~と話しながら主人とありがたい一日が過ごせたことを話しながら近所のレストランで美味しいローマ料理をいただきました。

街中ということもあり、あちらこちらにレストランがあります。ナイフとフォークで食べるピザは初めてでしたが、(あちらでは誰も手で食べてないし、綺麗に八等分にもカットされていません)やはり本場の味は違うー。とほんとに食事が楽しみでした。でも日本のピザや、パスタのレベルは高い!とも実感したのでした。

4日目の「バチカン美術館」。ここも本当に素晴らしかったです。
絶対に行きたい場所のひとつで感激でした。また、ガイドさんの案内がとても上手で、お話の中に聞き入ってしまい、感動して胸がいっぱいになるほどでした。

システィーナ礼拝堂のミケランジェロの作品 本当に本当に・・本当に素晴らしかったです。それを世界中の人が見に来て感動している姿にまた素晴らしさを感じ、ここに来られたことに心から感謝しました・・。

カフェ・グレコ

カフェ・グレコ

午後からは「スペイン広場」に行って~カフェ・グレコでお茶もして~家族へのお土産や自分たちの旅行記念ショッピングを楽しみました。革製品やおしゃれなネクタイがとてもリーズナブルなのです。嬉しくなってあれもこれも手にしたいほど。
息子や娘へのお土産選びがこんなに楽しいなんて~孫ができたら大変だね~と笑いながら
自分にもちょっとおしゃれなデザインの服を購入してルンルンでホクホクとした気分でいました。そこで気づきます!!(メイドインイタリアだよね・・・???。)子供たちや主人が購入したものはちゃんと【MadeinItalia】の札付きでほっとしました。おそるおそる自分用に購入した服を見ると【Madein CRP】と表記が。(笑)

翌日出発までまた同じ地域へショッピング・・。やはり 時間や方向が読める主人に安心してついて行きながら【メイドインイタリア】を購入。午後、無事に娘のいるハンガリーへ、変な未練をローマに残すことなく、いい気持ちで向かうことができました。

ハンガリーでは娘のアパートに宿泊。主役を頂いた娘に気遣わせてはいけないと思う親の気持ちより、公演を観に来てくれた親をもてなしたい!という娘の気持ちのが強く、ほんとに娘は私たちを気遣ってくれました。
絶対連れて行きたい!そこの料理がどれだけ美味しいか食べさせたい!分かち合いたいと連れていってくれたハンガリーの町中にあるイタリアレストラン【Comme Chez Soi】。前回見ることができなかった国会議事堂の夜景。中央市場。

美しい 国会議事堂

美しい 国会議事堂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公演会場も迷わないように行き方リハーサルもしてくれて、主人と並んで前を歩いている後ろ姿の様子に 娘の成長に喜び感動し、感謝する気持ちで涙があふれて拭き拭き歩くのが恥ずかしいくらいでした。

卒業公演はほんとに良かった・・素晴らしかった・・観にきてほんとに良かった・・
娘は「主役」でした。一番真ん前の真ん中の席を取っておいてくれて、とても良く見えました。

涙が溢れちゃって、観えにくくなってしまい、頑張って泣かないようにこらえました。
3年間辛いこともたくさんあったと思います。でも大した弱音もはかずに本当によく頑張ってくれたと思います。堂々たる踊りで、驚きました。

日本にいた頃、娘のバレエを観るとき(失敗しませんように・・うまくいきますように)と拝むような気持ちでした。でも今回は全くそのような思いはなく 失敗しようがそれでも大丈夫と思えて、私は親ではなく観客になっていました。

ブダペストの町中にある日本料理の居酒屋の女将さん御夫婦やハンガリーに駐在している日本人の会社員の方々も応援に,公演を観に来てくださっていました。娘は皆さんからいろいろな社会人としての話を聞くことでほんとにいろんな勉強をしたと。人生について学ばせてもらっているし本当に出会ってよかった方々。と言っていましたが、その方々が話してくださる娘のハンガリーでの様子や、最寄りの駅の構内で娘に声をかけてくれるお店の方(いつも買い物している様子)、近くにあるバレエ学校の門番さんと娘のやり取り、、娘はクラスで日本人一人のため公演会場で数人の方が私たちを娘の親とすぐわかり親切に優しく対応して下さる様子から、どれだけわが娘がいろんな方にお世話になり助けていただいて頑張ってこられたのかということ、また娘の人としての成長が伺えて、もちろん今でもしみじみと感謝の気持ちが溢れ胸がいっぱいになりました。本当にハンガリーに娘の公演を観に行ってよかった・・・。本当に本当に思います。今しかない「この時」を目に焼きつけられて、肌で心で体感することができたことに本当に感謝いたします。

無事に日本に戻ることができ、次は一体どんな旅行が待っているのだろうかとワクワクでいっぱいです。行ってみたい国はたくさんありますが、ありがたいことに生きていく流れの中で、行くべき場所がきまっていくこともたいへん楽しく思います。周りがその流れを作ってくれている・・私にご褒美をくれる、チャンスをくれている・・・。そう思ってまた楽しみに過ごします。その時はまた、レイラインさん、ぜひ宜しくお願い致します。

思い入れのある旅行であればなお更、愛情たっぷりで考えて提案してくださるレイラインさんにお願いしたいのです。

結婚して21年 いろいろあったけれどこうやって素晴らしい体験が分かち合え、
なかなか行けない海外で同じものを見て同じ気持ちを味わえて 一緒に時を過ごせたことが、これからの『人生の原動力』になると実感。夫婦旅行のデビュー旅行は最高の旅行になりました。次の旅行の計画のために仕事するのも 体力作りも楽しい毎日です。

ハンガリー 卒業公演

レイラインさん ほんとにありがとうございました。ヽ(´▽`)/