【レイライン紀行:日本の元がえりを祈る旅】

龍の炎覚えておいでですか?
ホームページで早すぎる旅の募集告知として4月26日にアップさせていただきました。
レイラインがおとどけする竜宮伝説、いよいよご案内です。

聖地をつなぐレイラインがおとどけする不思議な旅、その名も『日本の元がえりを祈る旅』
古来日本では神と舶来宗教の仏をひとつの宗教体系として神仏習合で祭るのが当たり前でした。明治維新後、神仏が令により引き離されてから、日本人の心も大きく変わっていったのかもしれません。今回はそんな日本人の心の元がえりを祈る旅です。
瀬戸内海の入り口、阿波の大鳴門は「龍宮東門」片や航海の難所といわれる潮流の大畠瀬戸は「龍宮西門」この地が今回の旅の舞台です。

1400年の昔、この地にある「金龍神」が起こした嵐を鎮めるため、自ら「いけにえ」となった「般若姫」!!この般若姫の墓所であり「龍宮西門」を守る灯台の役割も担っているだけでなく、般若姫が「金龍神」「諸龍神」を沈めておられる海底82mにあるお宮(龍宮)の守役も果たしているのが、真言宗御室派の般若寺です。

1100年前に建立されたといわれる由緒ある寺です。が、明治維新の原動力となった「石城山」、吉田松陰に影響を与えた僧「月性」伊藤博文・岸信介・佐藤栄作・安倍晋三総理を輩出したこの地にあり、多くの役割が託された寺であることは明白です。毎年春秋の彼岸には同寺の仁王門の真ん中に夕日が輝きます。

大護摩は立ち上がる炎が龍となって上がるといわれる第90世住職 福嶋弘昭(こうしょう)氏が同行くださり、コーデイネーターを務めてくださいます。

最終日は宮島にて火渡りの儀式も体験いただきます。

なんだか、惹かれるなあ・・そんな感覚をもたれた方。どうぞご参加ください。

 ご案内はこちらから