全日空、機内エンタメに「ユニバーサルサービス」

シートモニター
全日空(NH)は11月、国際線機材に搭載している機内エンターテイメント
プログラムに、目や耳が不自由な乗客向けのコンテンツを導入する。

目の不自由な乗客向けには、、画面上の人物の表情や動き、
場面設定など視覚的な状況描写をナレーターが英語か日本語で説明する
「音声ガイド」付き番組を映画3本とテレビ番組2本を放送する。

耳の不自由な乗客向けには、セリフやナレーション、効果音などの音声情報を、
英語か日本語で字幕で表示する「字幕ガイド」付き番組を
映画6本とテレビ番組1本を放送する。

放送するのはボーイング767型機や777、787の運航路線で、一部機材を除く。

音声ガイド対応プログラム
映画
 インデペンデンス・デイ: リサージェンス(英語)
 BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(英語)
 レインツリーの国(日本語)

ビデオプログラム
 笑点(日本語)
 科捜研の女 Season15(日本語)

字幕ガイド対応プログラム
映画
 ターミネーター:新起動/ジェニシス(英語)
 BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(英語)
 96時間/レクイエム(英語)
 ファインディング・ドリー(英語)
 後妻業の女(日本語)
 君の名は。(日本語)

ビデオプログラム
 ガイアの夜明け(日本語)