熊本地震から・・1年、再建にむけて


本地震からはや1年。
全国から、復興旅行、ボランティア・・さまざまな角度から、自分たちが今できることとして、被災地を訪れています。

先日、弊社を通じ、熊本の宿泊等々を手配させていただきましたお客様から
手配スタッフへ頂戴しましたお礼文と共に訪れた熊本の様子をお伝えいただきましたので
ご紹介させていただきます。

レイラインスタッフ一同、熊本復興へむけた旅のお手伝いさせていただいたこと
本当に嬉しく・・感謝でいっぱいです。渡辺様、心よりお礼申し上げます。

熊本地震にて被害に遭われた方々の1日も早い生活再建を
心よりお祈り申し上げると共に熊本城の1日も早い再建を願うばかりです!
**********************************

 厳しい震災一周年熊本のお客様への激励として
関東、関西より11名で出かけて参りました。
レイライン渡辺様には手配等大変お世話になり御礼申し上げます。

阿蘇大橋の崩落現場、通信施設の被害状況を見るにつけ
今回の震災の凄さを目の当りにし気を新たに致しました。
そして熊本城の被害は報道とは大違い全ての施設に及び
過去に数回見ている美しい熊本城の被害何とも切なく感じました
通信関係OBのボランティアガイドさんにお願いし様々な説明を
して貰いましたがその時素晴らしい言葉で締め括ってくれました。

『お城が無くなった訳ではない壊れただけ修理すれば好い』
幾多の戦乱で壊れた歴史を知っている熊本っ子の言葉でした。
4/9例年であればとっくに終わっている桜も我々を待ってくれて
いた様に丁度満開、何事も無かった様に咲誇っていました。

一日も早い復興を祈念し全員で復興城主になってまいりました。

以上想いつくまま。