ツアー - 牧野宗永さんと行く しあわせの国 ブータン8日間

牧野宗永さんと行く しあわせの国 ブータン8日間牧野宗永さんと行く しあわせの国 ブータン8日間

ブータン!2011年震災の年に、新婚間もない国王夫妻が来日されて大ブームをまきおこしてはや4年。月日のすぎるのは早いもの、GDPならぬGNH(国民総幸福量)という概念は、当時大旋風をまきおこし、ブータンってどこにあるの?と、このヒマラヤ山脈の東端にある「最後の秘境」の小さな国についての問い合わせが殺到しました。
国の政策として自国の文化伝統を守るために、渡航外国人の人数制限や、かならず専任ガイドを同行させなくてはいけない規則があるなど、訪問するにはハードルが高い国だからこそ、お出かけいただきその特別な空間を味わっていただきたい国です。
今回は、《感動・喜び・希望》につながる講演・研修をお届けする株式会社ルネッサンス・アイズ様の企画でおとどけします。
仏教国といえばこの方、そう昨年ネパールでご案内いただきました、異文化コミュニケーター「牧野宗永」氏。ネパールの旅ではお釈迦様のふか~いお話と、どんな質問にもお答えくださり行く先々で不思議な出会いと出来事を次から次にと興してくださいました。
今回のブータンの旅も牧野氏にコーデイネートをお願いしました。さて、どんなサプライズや出会いがまっていることか・・・今回は、とくに旅行客のホテルなど最も取りにくい、ブータン一の祭りツェチュをご覧いただけます。

本当の豊かさに触れる ブータンの旅

本当の豊かさに触れる ブータンの旅大国インドと中国の間にあるヒマラヤ山脈の、ほぼ東端に位置するブータン。
今でも民族衣装を着て生活するなど、自国の文化を大切にする気持ちが彼らの生活を支えています。その背景にあるのは、約40年にも前に、前国王が掲げた「国民総幸福量」の考えです。金銭的・物質的な豊かさを目指すのではなく、精神的な豊かさを追求するブータンの素顔を見に行きましょう。

ブータンの一大イベントツェチュを見る
ブータンの一大イベントツェチュを見るツェチュは、様々な村から人が集まり宗教的なマスクダンスを見る一大イベントです。マスクダンスは、8世紀のグル・パドマサンバヴァの生涯の出来事を称えたもので、チベット仏教の恩恵を受けています。祭りにはまた、色とりどりのダンスや余興があります。
全ての人はツェチュに参加し、マスクダンスを一度は見て、恩恵を受けて罪を洗い流さなければならないと言われています。ツェチュの間に披露されるマスクダンスは、全て背景に物語があります。僧院では僧がマスクダンスを踊り、遠く離れた村では僧と村人が共に踊ります。祭りに来た村人も観光客も、このユニークでカラフルで楽しい文化に魅了されます。

8大特徴
牧野 宗永 仏教文化コミュニケーター 牧野 宗永 プロフィール
小学生の頃よりお寺巡りが趣味で「人の幸せ」に関心を持つ。中学生の時、ヘルマン・ヘッセ著「シッダールタ」を読み仏教的生き方に共感、佛教大学仏教学科入学。チベット密教の教義と実践を学ぶためにネパールへ留学、日本とチベットの掛け橋であった故ケツン・サンポ・リンポチェに師事。五体投地十万回、金剛サッタの浄化の瞑想十万回、曼荼羅供養十万回、師の瞑想一千万回の過酷な前行を2回成就、チベット仏教ニンマ派の伝える密教の教えであるゾクチェンの伝授を受ける。チベット仏教ニンマ派の高僧たちから多くの貴重な伝授、灌頂を授かり、約8年間チベット仏教僧院に滞在。日本に帰国後、チベット仏教の叡智を美術や教育を通して伝える「仏教文化コミュニケーター」として活動中。
●著書『なぜ殺してはいけないか』(きずな出版 2015/5)
松尾一也ルネッサンス・アイズからのひとこと
「有由有縁・・・すべての縁には理由があります。牧野宗永さんの澄んだ瞳と出逢って直感でこの人に学ぼうと思いました。
私達はもっと「幸せや生き方」について希求しないといけません。旅は六感(視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚、霊感)磨きです。
見知らぬ土地、見知らぬ人に出逢うライブ体験が人を枯れさせない若さの源になることでしょう。」
企画・運営:㈱ルネッサンス・アイズ 代表取締役 松尾一也
ブータン王国ブータン王国
面 積 : 約47,000平方km(九州とほぼ同じ)
人 口 : 約69.7万人(2008年)
首 都 : ティンプー
時 差 : 日本-3時間
公用語 : ゾンカ語、英語、ネパール語
宗 教 : チベット仏教を国教とする
通 貨 : ニュルタム(Nu)インドルピーと等価使用
ブータン観光協議会 http://www.tourism.gov.bt/ (英語)

ティンプーティンプー
「ここが首都?」とびっくりするほど、首都としては小さな都市ですが、これがブータン随一の近代都市。
街にはネットカフェやディスコも増え、民族衣装を着ない若者も多くいます。
一方で、政治・文化の中心地として、ブータンの伝統文化が色濃く残ってもいます。

タクツァン僧院タクツァン僧院
パロ郊外にある、ブータン仏教におけるもっとも聖なる寺院。 麓から馬か徒歩でハイキングでしか行けない難所にあり、標高3000m近くの険しい崖にへばりつくようにある姿が見えた時は感動のひとこと。

パロパロ
ブータン唯一の空港がある玄関都市。 緑濃く敬虔な仏教徒が多い土地柄か、いまだ伝統的な家屋が並び、ブータンの良さが詰まっています。

プナカプナカ
標高が低く温暖な気候のプナカは、「冬の首都」として1955年まで置かれた歴史の深い都市です。 現国王5代の結婚式も行なわれました。ブータン国内で最も歴史に意味あるといわれるプナカ・ゾンにて開催される、ツェチュ祭りを見学いたします。

お申込みご希望の方は、下記フォームより、ツアーの仮申込みが可能です。

ご送信後、一営業日以内に、弊社スタッフよりツアーお申込みのご連絡を致します。

開催内容
開催日成田空港発着 2016年2月16日(火)発~23日(火)帰国
ツアー代金¥468,000(二人部屋利用時のおひとり料金)
一人部屋追加代金¥33,000
※但し、プナカ(祭り期間の為)とホームステイ先は不可
添乗員同行(成田空港発着)
費用に含まれるもの旅行日程に明示した下記のもの
航空運賃(エコノミークラス)//宿泊料金(2名1室)及び諸税//食事//観光//現地貸し切りバス料金//お一人様1個の手荷物運搬料金//添乗員経費//団体行動中のチップ
費用に含まれないもの超過手荷物料金//クリーニング・電話等個人的費用//包括取扱諸費用//お客様のご希望による一人部屋料金差額//空港税・燃料サーチャージ等並びに空港利用税//ご出発空港までの国内交通費//ブータン査証実費及び取得代行手数料//航空座席クラス変更差額
■電話での『お問い合わせ・ご相談』はこちらから
本社:0545-60-4192  静岡営業所:054-272-0310
■Eメールでの『お問い合わせ・ご相談』は下記メールフォームをご利用ください。
※メールは随時確認させて頂いておりますが、うまく届いていない場合もございます。
 回答が返信されない場合は、お手数かけますが、電話によりお知らせください。
行程
行程旅行条件

 

    お問い合わせ・ご相談、仮申し込みフォーム
    お問い合わせ・ご相談、仮申し込み内容 (必須)

    仮申し込みお問い合わせ・ご相談その他

    お問い合わせ・ご相談、仮申し込みの詳細・ご希望・ご質問など

    お名前 [漢字 ](必須)

    お名前 [フリガナ ](必須)

    会社名

    電話番号 (必須)

    返信先メールアドレス (必須)